2009年11月26日木曜日

eコマースの広告出稿は潜在層を狙え 【リサーチ】

富士経済の通信販売市場の調査結果報告書「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2008-2009 市場編」によると、インターネット通販市場は2010年に2.5兆円、モバイル通販も4000億円となり、通信販売(物販)全体の50%以上をネットが占めることになるという。実際昨今の市場を見ているとeコマースサイトが乱立し、多様な商品が売られるようになっている。そこで、インターネット通販のプラットフォームとしてのeコマースサイトがどのように利用され、利用者が現状のeコマースサイトをどのように感じているか調査した。>>WMarkezine

シニア層の商材はネットでは売りにくいという既成概念はなくした方がよさそうです。