2009年10月29日木曜日

「書店営業ツイッターの旅」のストーリー


WEBにおけるコミュニケーションには、何よりもストーリーが必要です。この場合のストーリーとは、相手の感情を動かすエピソードや仕組みを指します。ミリオンセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者山田真哉氏による「書店営業ツイッターの旅」には、人間の感情を刺激するストーリーがありました。
>>CNET Japan

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者山田真哉氏、がTwitterを利用して、参加型のプロモーションを行った書籍営業の成功例で、メディアでも話題になっているということです。購入者にはプレゼントというイベント性を打ち出したり、Twitterを通して(リアルタイムに)可能になるんですね。