2015年5月25日月曜日

時代を超えて、国境を越えて、誰も売ったことがないものを売り続ける!

時代を超えて、国境を越えて、誰も売ったことがないものを売り続ける!

\ショップ様SPECIALインタビュー第5弾/

みなさま、こんにちは!GMOメイクショップです。
先日、巣鴨に本社を構える株式会社ジャパンホビーツールの笹部英嗣社長にお会いしました。
(株)ジャパンホビーツールは昭和33年に先代である笹部社長のお父様が創業し、特殊工具販売を行なっていましたが、
時代の流れを鋭く察知された笹部社長は、工具以外の商材も取り扱うべきと、カメラ販売もスタートさせました。

ASPサービスができる以前から自身でネットショップを立ち上げた経験を持ち、ネットショップに精通している笹部社長の取り組みをお届けいたします!


大切なことは、お客様にとって不自由のないお買い物をしてもらうこと。

弊社はMakeShopを使って自社ショップを運営しながら、amazonや楽天ショッピングなどの大型モールにも出品しています。また、ヨドバシカメラやビックカメラなどの大手家電メーカーの実店舗やネットショップにも卸販売をしています。
MakeShopの利用目的は、自社ショップでの収益を上げることだけでなく、弊社や弊社の商品を知ってもらうきっかけを作る窓口“ショールーム”機能を確保することです。商品を気に入ってくれた人には、どのショップで購入していただいても良いと考えています。自社ショップでもamazonでも ヨドバシカメラでも、好きなクレジットカードが使えるお店、ポイントを貯めたいお店で、お客様の用途に合わせた不自由のないお買い物をしていただくことが一番だと思っています。ショップごとの売上を気にして焦ってしまいがちですが、トータルの売上を管理することで、片意地張らずに運営をしています。

“サラリーマンにできないことができる” それが、自営業の醍醐味。

自営業というと、もしかすると孤独を感じられる人もいるかもしれません。業者さんやお客さんなど、人と接する機会は多くても、同業種同士、横の繋がりをもつことが難しい世界です。でも、サラリーマンにできないことをできるのが自営業の醍醐味であり魅力です。自分の感性を信じて、ハイリスクハイリターンで勝負することができる。無限の可能性を秘めていると思います。
“人が持っていない商品を、売ったことのない人に売る“だけです。私はこれをモチベーションにして、孤独ながらも自分にしかできない事業を楽しんでいます!

「それだけお客様は時間を求めている。」

ネットショップで売上が出始めたころ、amazonFBAへの出品をスタートすることになりました。amazonの担当者から、大量に在庫を保管し、発送を委託することでスピードが上がり、売上が伸びると言われたからです。
当時から発送スピードを上げることは意識して取り組んでいましたので、無料お試し期間が終了したら解約するつもりでした。しかし、実際は売上がみるみるうちに伸び、10倍ほどになりました。その時に感じたのは、「それだけお客様は時間というものを求めているんだ。」ということです。労働環境が刻々と変化し続けている今、何のサービスにおいても、ますます時間短縮が大切になってくると思います。サービススピードの向上は、昔ほどお金をかけずにできるようになってきました。是非、ネットショップ運営者のみなさまに取り組んでもらえればと思います。

Facebookの「いいね!」数が、海外では名刺代わり。

Facebook大盛期だった34年前と比べ、ビジネス上でFacebookを最大活用することが難しくなってきています。しかし、ネットショップの認知度アップや企業ロイヤリティ向上のためには、未だに必要不可欠な手法だと考えています。
国境をまたいで商品を売る“越境EC”が話題になっている今、弊社でも、少しずつ海外展開に着手しています。言葉の壁はありますが、「いいね!」「LIKE!」は共通言語です。海外では名刺代わりに使っています!

▼株式会社ジャパンホビーツール様
http://japanhobbytool.co.jp/





MakeShopでは、今後も公式SNSにて、ショップ様の様々な取り組みをご紹介していきます。
続々インタビュー中!!
▼詳しくはこちら

2015年5月22日金曜日

先日のスペシャルセミナーの様子をお届け!

\ただいまMakeShopでは、「ジャンル特化型のセミナー」を開催中です/


先日はALLジャンル向けとして、実際にMakeShopを利用されているショップ運営者様を講師にお招きし、実体験を交えた成功事例をお話いただきました。


“活きた”ロブスター販売をされている、「ホットロブスター」店長飯村さま

MakeShopの実力派法人営業(森)

MakeShopのエースコンサルタント(立川)

MakeShopの若きカリスマディレクター(駒村

MakeShopでは、各種セミナーを開催しています。
これからネットショップを始められる方、初心者の方も、是非お気軽にご参加くださいネ。
セミナーの詳細はこちら

http://www.makeshop.jp/main/seminar/#scheTitle



“活きたまま“届くロブスター。BBQ会場へのお届けも可能です!
夏のお楽しみにいかがですか??

2015年5月21日木曜日

ショップ様より素敵な贈り物

\ 和歌山県のショップさん、常田農園様より、素敵な贈り物をいただきました! /

新製品 『濃い味しぼり』
濃い味しぼりは、100%有機栽培みかん20個も使用した昔ならではのみかんジュース。

常田農園自家生産 『濃い味しぼり』
http://www.tsuneda-nouen.com/shopdetail/019000000001






冷蔵庫でキンキンに冷やして、、さっそく、社員でいただきました!!


全くえぐみや苦みがなく、とっても飲みやすい…!とっても美味しい…!!


もいっこけえ…!!
※和歌山弁でもう1個ちょうだいの意味です。
どんどん食が進むみかんをぜひご賞味下さい。


今年はみかんの糖度が高く、一層コクのあるまったりとした出来栄えだそうです。
贈り物にいかがですか?


常田農園(つねだのうえん)

2002年、持続性の高い農業生産方式導入計画認定によりエコファーマー取得。
食べて美味しいみかん本来の味を追い求めて、肥料はすべて有機質肥料を使い、農薬は出荷2ヶ月以前までに最低限に減らして栽培。






2015年5月16日土曜日

女性ならではのリアルコミュニケーションが、生涯のお客様との出会いを生む。『vol.2』

ショップオーナー様SPECIALインタビュー第4弾 〈vol.2〉

こんにちは、GMOメイクショップ広報の小島です!
ネットショップ運営ではリピーター客の確保が重要と言われています。
今回お話を伺ったフラダンスインナー販売のラウラクス様は、お客様との関わり方を大切にされた心温まるショップ運営により、多くのリピーター様を生んでいるそうです。
お客様の心をつかんで離さないラウラクス様の取り組みを、ご紹介させていただきます。


vol.2
密接なお客様との関わり方がリピート顧客獲得への第一歩!!

生涯のリピーター様になることだってあり得ると思っています。

弊社では、ネットリテラシーが高くないお客様のために、電話注文も承っています。
そのため、お電話でお問い合わせやご注文をいただくことも多いのですが、その一本一本をとにかく大切にするように心掛けています。ときには30分の世間話をすることだってあります。クリックひとつ、3分で注文完了できることがネットショッピングの本来の魅力ではありますが、あえてアナログな対応を行うことで、そのお客様が生涯のリピーター様になることだってあり得ると思っています。

下着を通して、その方の人生の節目に携われている感じがとても嬉しいんです。

数年前から、美容やフィットネス目的としてフラダンススクールの需要が続いています。
また、比較的緩やかな動きでできるダンスのため、ご高齢の方の習い事としても大変人気で、弊社のお客様にも80歳ぐらいの方もいらっしゃいます。
結婚式のブライダルインナーで初めてご利用いただいただお客様が、出産を終えてから補正下着をご購入いただき、更には「実は最近フラダンスを始めたんです!」と、フラインナーをご購入いただく…。そんな方もいらっしゃいます。これにはさすがに運命を感じます!!(笑)
大げさかもしれませんが、下着を通して、その方の人生の節目に携われている感じがとても嬉しいんです。
だからこそ、ひとりひとりのお客様を大切にしたい。そう思っています。

ネットショップでも、身近で親しまれるショップになることができると思います。

日本人の女性ってお揃いが好きじゃないですか。“ニコイチ”という言葉が流行るぐらい。弊社は、東京森下に完全予約制のフィッティングルームがあるのですが、仲の良いご友人同士4~5人で来て、みんなでお揃いの物をご購入されたり、自分と同じ物をプレゼントにされる方もいらっしゃいます。
カフェにいるみたいにワイワイおしゃべりをされたり、試着しながら踊り出したり…(笑)フラダンスをされている方って陽気でポジティブな方が多いんです。率先してお客様と直接触れ合う機会を作ることで、ネットショップでも、身近で親しまれるショップになることができると思います。















▼フラダンス用インナーラウラクス様













MakeShopでは、今後も公式SNSにて、ショップ様の様々な取り組みをご紹介していきます。
続々インタビュー中!!
▼詳しくはこちら

2015年5月11日月曜日

女性ならではのリアルコミュニケーションが、生涯のお客様との出会いを生む。『vol.1』

ショップオーナー様SPECIALインタビュー第4弾 〈vol.1〉

こんにちは!GMOメイクショップ広報の小島です。
先日、フラダンス用インナーを販売されているラウラクス様にお邪魔してきました。
とても華やかでポジティブな印象のラウラクス様は、ほとんどが女性スタッフで構成されています。
本日は、EC事業部のマネージャーとして活躍されているご担当者様に、
女性ならではの視点で、女性向け商材を扱うラウラクス様の取り組みをご紹介させていただきます!


Vol.1
夏に向けて拡大するフラダンス市場。今年の夏、ラウラクスはどう戦う??

まだまだニッチな市場ですが、マス市場でも戦う準備はできています。

弊社は元々、ブライダルインナーや補正下着を中心とした卸販売を行っていましたが、代表がフラダンス用のインナーに需要がありそうだと着目したのがきっかけで、ラウラクスというフラインナー専用のネットショップをオープンさせました。
まだまだニッチな市場ですが、マス市場でも戦う準備はできています。これまでのインナー販売のノウハウを最大限に活かしていきたいですね。

この夏が勝負!!スタッフ全員燃えていますよ(笑)

フラダンスは夏にショーやイベントが多いため、5月~8月が最も書き入れ時です。ショップオープン後、2回目の夏を迎える今年は、様々な事前準備を行って体制を整えてきました。
大阪や名古屋などの地方都市部は、東京に次いでフラダンスの人気が高い地域です。弊社は、これまでリアルイベントには注力してきませんでしたが、今年からは、各地での認知度アップや人脈構築のために、イベントなどにも精力的に出店していこうと考えています。この夏が勝負!!スタッフ全員燃えていますよ(笑)

“買って欲しい”ではなく、“繋がっていたい”という気持ちを伝えています。

ラウラクスの立ち上げは、約1年前。当時ブライダルインナーや補正下着のショップが使っていたショッピングカートが非常に使いづらかったため、フラインナーのECカートは、知人に勧められたMakeShopを使うことになりました。
立ち上げ時は広告費に投資をし、フラダンス雑誌と女性誌にショップ紹介の記事を掲載してもらいました。また、MakeShopのコンサルSEOを活用してSEO対策を行うと、あっという間に検索で上位に出るようになりました。“フラダンス”というビッグワードにも関わらず、ほんの少し対策をしただけで驚く程の効果が出たので、意外とSEO対策を行っていない人が多いんじゃないかな?という印象がありましたね。
そして、メールマガジンです。「新製品情報」などは営業色が濃く、お客様によっては好ましく思われないケースがあるため、『フラダンスにまつわる豆知識』や『最近のハワイ情報』 など、コミュニケーションを図る場として、メールマガジンを活用しています。“買って欲しい”ではなく、“繋がっていたい”という気持ちを伝えています。


▼フラダンス用インナーラウラクス様













※コンサルSEO
▼詳しくはこちら

MakeShopでは、今後も公式SNSにて、ショップ様の様々な取り組みをご紹介していきます。
続々インタビュー中!!
▼詳しくはこちら
https://twitter.com/makeshopjp


2015年5月1日金曜日

金かけて。命かけて。これ以上何かけんねん!という気持ちでやっています。

~やりたかったわけじゃないスイムウェア販売。
 それでも需要があれば勝負する、浪花の「商人魂」~

ショップオーナー様SPECIALインタビュー 第3弾

こんにちは!GMOメイクショップ広報の小島です。
先日、中野に事務所を構える株式会社井上商事の井上社長に、
弊社の入るセルリアンタワーまでお越しいただき、インタビューにご協力いただきました。
井上社長は、「スイムショップイノウエ」というスイムウェアの通信販売サイトを運営されています。

20139月に会社を設立され、MakeShopを始められたのは20142月。
あまり気が進まない中始められたスイムウェアの通信販売ですが、現在は売上も好調だそう♪

ショップ立ち上げ当初からMakeShopとの出会い。そしてMakeShopスタッフへの熱い思いを、関西節で楽しく語っていただきました!


===============================

「ニッチなところにスポッと売れる。あ、これ、ビジネスになる!って思ったんです。」

実は24歳~34歳までの10年間、大病を患っていたんです。そのリハビリを兼ねて始めた水泳で、水着の通信販売に出会いました。
黒やグレーなどの良くあるデザインではなく、白い水着が欲しくなってインターネットで探していると、白くて透ける水着が18,000円で売っていたんです。いわゆるマニア向け商品ですね。
試しに、面白い水着を買ってインターネットで売ってみたところ、購入金額の10倍の値段で売れたんです。ニッチなところにスポッと売れる。あ、これ、ビジネスになる!って思ったんです。
華々しい商売ではないし、自慢できる商品でもないけど、とてもやりがいがあります。今は売れるものと売れないもの、どんな人たちに喜んでもらえるかなど、試行錯誤しながら進めています。
本当に売れるものを見つけることが、ショップ運営の原動力となっています。

「人間が最も執着するところ。そこに購買意欲のスイッチがあります。」

綺麗になるために、美容院に行く。エステに行く。
美味しいものを食べるために、話題のレストランに行く。高級ワインのあるお店に行く。
など、自分がこだわる部分にお金をかけるのは、ごく自然の行動です。
美容と健康とセクシー。それは、人間が最も執着するところ。そこに購買意欲のスイッチがあります。

「まず国内で商売を成功させること。それを最重要視しました。」

数あるECカートの中から、MakeShopを選んだ理由は“機能数”です。メール機能や在庫管理機能など、使い勝手が良く、きめ細かくできているなぁと感心しました。
オシャレなサイトは他にもたくさんありましたが、先々、機能面で物足りなく感じるのは避けたかったんです。
最近、越境ECという言葉をよく耳にするようになり、うちも将来的に海外へ販売することを視野に入れていますが、まず国内で商売を成功させること。それを最重要視しました。
日本人ほど商売しやすい相手っていないんですよね。期日までにしっかりと振り込みをしてくれる。そんな日本人相手に商売を成立させられずに、海外展開は見込めない、と私は思います。

「コンサルタント代は決して安くはないけれど、必要経費だと考えています。」

専任コンサルタントの白坂さんは、とても良い距離感で並走してくれています。バランス感覚が良く、違うことは違うとはっきり言ってくれるので本当に助かっています。
経営者は難しく重要な判断を迫られる場面が多々ありますが、事前に白坂さんに相談することで、無駄な出費を抑えられた経験が何度もありました。
いつも俯瞰的に見てくれているという安心感があります。コンサルタント代は決して安くはないけれど、必要経費だと考えています。
カスタマーサポートのみなさんにもいつもお世話になっています。営業時間ぎりぎりに電話をしても元気に出てくれたり、ちょっと世間話をしてくれたり…。声を聞けば誰だか分かりますよ(笑)
とにかく、人間力のあるみなさんに支えられっぱなしです!


================================

関西ご出身で、商売魂を強く持った井上社長。
夏に向けてますますお忙しくなるかと思いますが、引き続き、メイクショップ社員一同精一杯サポートさせていただきます。
貴重なお時間を割いてのインタビューへのご協力、本当にありがとうございました!

▼株式会社井上商事 スイムショップイノウエ様















MakeShopでは、今後も公式SNSにて、ショップ様の様々な取り組みをご紹介していきます。
続々インタビュー中!!
▼詳しくはこちら

2015年4月24日金曜日

お客様への感謝の気持ちが生む、ショップ運営の「自信」と「覚悟」

~必ず手書きでお礼の手紙を書きます。もっと好きになって欲しいから。~ 

ショップオーナー様SPECIALインタビュー 第2弾

こんにちは。
GMOメイクショップ広報の小島です。

ショップオーナー様インタビュー第2弾!
先日、弊社社長の向畑と共に、帽子販売の『冠屋』様にお邪魔してきました。
五反田にオフィス兼店舗を構え、卸販売のノウハウがありながら、
それでもネット通信販売事業に本格参入される際には苦労も多かったとか…。

3年後の売上”を一つの指標とされている冠屋様が、ネットショップ開業初期、そして今、どのような取り組みをされているのか?をお伺いしました。 


======================================


3年後ぐらいに目標に届けば…と、焦らないことが大切ですね。

冠屋は、ニューヨークハットをメインで取り扱う帽子専門店です。
MakeShopを始めたのは1年前になります。
ネットショップは実物を確認できないことがネックと言われていますので、少しでも不安なくご購入いただけるように、オフィス兼店舗では試着の対応などもしています。
まだまだ認知度が低いですから、ネットショップを軌道に乗らせるためにも、週末も休みなく営業しています。
今は認知度アップが一番の目標です。地味にコツコツと。3年後ぐらいに目標に届けば…と、焦らないことが大切ですね。

「市場規模の半分ぐらい取りに行く!それぐらいの覚悟でやっています。」

安定した収益を出したかったので、価値変動が少なく、且つ大きな市場にチャレンジしました。
市場規模の半分ぐらい取りに行く!それぐらいの覚悟でやっています。
戦うべく市場の選定をしっかりと行うことがとても重要だと思います。

「モールの集客力は効果的ですので、今はMakeShopと併用して運営するようにしています。」

MakeShopを始める前は、amazonYahoo!など、モールと呼ばれるところを利用していました。
手軽に始められるし、安くすれば売れるという仕組みが簡単だったからです。
でも、うちで扱っている帽子は品質が良く、元値も比較的高価なため、できれば値下げしたくありませんでした。そこで、手数料もなく低コストで始められるMakeShopを利用することにしたんです。
しかし、モールの集客力は効果的ですので、今はMakeShopと併用して運営するようにしています。
また、初期はYahoo!プロモーション広告やGoogleAdWordsなど、認知度アップのためにリスティング広告をやりました。 “ニューヨークハット”などの専門的なキーワードであれば、そこまで高額ではありません。
MakeShopのアイポクリックやCriteo(クリテオ)も、同様の広告効果があると聞きましたので、検討しているところです。

「“感謝の気持ち”を伝えることが大切だと思っています。もっと好きになって欲しいんです、お店も。商品も。」

購入してくれた方には、必ず手書きでお礼の手紙を書いて商品に同封しています。
新商品情報やセール情報などを入れた方が良いのでは?という意見もありますが、営業色が濃くなってしまい、うちのイメージには合いません。
それはサイト内でお知らせをすれば十分だと私は考えています。
あくまでも、“感謝の気持ち”を伝えることが大切だと思っています。もっと好きになって欲しいんです、お店も。商品も。

「既存のお客様の周りをターゲットにしていくことが低コストで間口を広げるコツだと思います。」

今はメンズ用を主軸に展開していますが、今後は子供用にも注力していきたいと考えています。
今の購入者は40歳前後の男性が大半なので、そのお子さん用に購入していただけたら嬉しいです。
既存のお客様の周りをターゲットにしていくことが低コストで間口を増やすコツだと思います。
【認知×ショップの見栄え×コスト】この軸を意識して運営していけば、3年後の目標に繋がると信じています。


======================================

実店舗運営のご経験に加え、
商品に自信を持ってショップ運営をされている姿が大変印象的でした。
そして、自社の強みをしっかりと把握されていることが、ブレないショップ運営のコツだと思いました。
冠屋様、貴重なお時間を割いてのインタビューへのご協力、本当にありがとうございました!
引き続き、MakeShopをよろしくお願いいたします♪

▼冠屋様 ショップ情報

対談中のアイポクリック& Criteo(クリエオ)1
▼詳しくはこちら

MakeShopでは、今後も公式SNSにて、ショップ様の様々な取り組みをご紹介していきます。
続々インタビュー中!!
▼詳しくはこちら